痛みを感じたら…

対処方法

痛め方や痛みの種類によって治療方法や対処法はそれぞれ異なります。

捻挫打撲寝違いぎっくり腰などの症状で患部に鋭い痛みズキズキした痛みがある際、もしくは患部が明らかに腫れている、熱を持っている際には冷やして安静にすることをお勧めします。

慢性的に痛みのある部位への筋肉の痛みや鈍い痛み神経痛などに対しては温シップや入浴において温めることをお勧めします。

自己の判断では不安のある際は一度、ご相談下さい。適応症状かどうかの判断をし、その際に出来る適切な対処法をご提案させて頂きます。

治療について

問診・徒手検査

国家資格(鍼灸マッサージ師)取得者による、各症状やお悩みに合わせた安心の出来る治療を行うことを心掛けていきます。 患者さんに対し、インフォームドコンセント(治療に関する十分な説明と患者さんの同意に基づいた治療)を実施し、症状やコンディション、お悩みに合わせた患者さん自身に適した治療を行います。

治療は、まず(1)問診(2)身体所見のチェック(3)徒手検査アイコンなどを行い、痛みの原因追究、改善箇所などを出来るだけ明確にしてから治療を開始します。

症状や身体的特徴などは個々によって異なります。当院ではその人・その症状に合わせた治療&運動指導などを実施していきますので安心した治療が受けられます。

初診料 1,500円
基本治療40分4,300円
局所治療25分2,700円

  • 症状やスケジュールに応じて治療時間は調整致します

適応疾患

※疾患・症状等によっては医療機関の受診をお勧めさせて頂く場合もございます。

首

  • 肩こり・疼痛などを伴う頚部痛
  • 頸椎症
  • 頸椎捻挫(後遺症)
  • 頸椎椎間板ヘルニア
  • 頸肩腕症候群
  • 胸郭出口症候群 など

首は多くの神経が通った箇所であるため、首の痛みが原因でその他の部位にも症状がでることもあり注意が必要です。

肩

  • 頭痛・耳鳴りなどを伴う肩こり症
  • 肩関節周囲炎(五十肩)
  • 肩腱板炎
  • 上腕二頭筋長頭腱炎
  • 投球障害肩 など

日常生活から起こる肩のこりは、痛みを放っておくことで慢性化し、悪化してしまいます。早めの適切な治療が有効です。

腰

  • 急性腰痛(ぎっくり腰)
  • 慢性腰痛(筋筋膜性腰痛)
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰下肢痛(坐骨神経痛)
  • 脊柱管狭窄症
  • 股関節痛・周辺の痛み など

多くの腰痛は、脊柱、及び、それを支える筋肉の異常が原因と考えられています。また、別の病気によって引き起こされる腰痛もあり、原因によって対処法が変わってくるので、まずは適切な判断が必要です。

膝

  • 変形性膝関節症
  • 膝蓋大腿関節症
  • 膝前部痛
  • 鵞足炎
  • 膝靭帯損傷
  • 半月板損傷 など

膝は関節の中でも、腰と並んで痛みを感じやすい部分です。適切な治療を行うことで、日常生活においての負担を軽減します。

首

  • 三叉神経痛
  • 肋間神経痛
  • 坐骨神経痛
  • 腱鞘炎
  • 関節炎
  • 筋肉の痛み
  • 外傷後の後遺症
    (骨折・捻挫・打撲・むちうちなど) など

神経痛は、病気が原因のものや原因が分からないものまで様々です。原因を追求しながら、まずは痛みの早期軽減を目指します。

首

  • 肉離れ
  • 野球肩
  • テニス・ゴルフ肘
  • 腰椎分離・辷り(すべり)症
  • ジャンパー膝
  • アキレス腱炎・周囲炎
  • フットボーラーズアンクル(足関節痛)
  • 足底腱膜炎
  • ランニング障害 など

スポーツ障害は、(1)オーバーユース(使い過ぎ)、(2)アライメント(骨格筋)異常によって、症状を起こしていることがあります。痛みを取ることに加え、エクササイズを併用していくことで、回復を早め再発を防ぎます。

治療内容

当院では、症状やお体の状態に合わせて、はりきゅうマッサージ(手技療法)を組み合わせ治療を進めていきます。
症状によっては、はり・きゅうのみ、もしくはマッサージ(手技療法)のみの場合もあります。はり・きゅうを施術しなくとも治療は行えますので、「はりやきゅうが苦手…」という方でもお気軽にご相談ください。

はり

はり

治療内容

痛みのある患部や関連痛のある部位などを中心にはりを刺鍼します。症状に合わせて、低周波鍼通電アイコン(刺鍼したはりに微弱な電気を通電させる)や置鍼術アイコン(刺鍼したはりを数分間留める)などの方法で治療を進めていきます。

適応疾患

頚部痛(首)や肩こり・肩関節(五十肩など)・腰痛・膝痛・神経痛などの日常生活で起こりうる痛み、また、運動などで痛めたスポーツ障害やケガなどに対応いたします。
また、頭痛・めまい・耳鳴りなど、頚肩部痛などに伴って現れる諸症状に対しても効果があります。

  • 痛みはありますか?
  • 切皮時(はりを刺す瞬間)に僅かに刺さる感覚として感じることはありますが、ほとんど痛みを伴うことはありません。
  • 衛生面が心配なのですが…
  • 現在、当院で使用しているはりは全て滅菌済のディスポーサブル鍼アイコン(使い捨て鍼)です。治療の際に開封し、治療後には破棄致します。衛生的で、感染症などの心配はありません。
  

きゅう

きゅう

治療内容

当院では適応疾患に対し、はり治療と併用して、きゅうを施灸しています。基本的に治療には、無痕灸アイコンという肌に直接触れないきゅうを使用します。

適応疾患

はりと同様の症状に加え、血行を促進し、冷え、感覚障害などの改善に効果があります。

  • 痕は残りませんか?
  • 当院では、無痕灸アイコン(間接灸)を使用しておりますので、肌に直接据える有痕灸アイコン(直接灸)と異なり、火傷や灸痕を残す心配はありません。
  • 痛みや熱さはありますか?
  • 肌に直接触れない無痕灸を使用するため、強い熱さを感じることは無く、心地よい熱感を感じます。また、血行の促進により、かゆみのような感覚を感じることがありますが、痛みを感じることはありません。

マッサージ

マッサージ

治療内容

症状や治療部位に応じてマッサージやストレッチなど組み入れ治療をしていきます。施術時間に関しましては症状・部位などによって異なりますので、お気軽にご相談ください。

適応疾患

全身の筋肉疲労や肩や腰の凝り症状、関節痛・筋肉痛など仕事やスポーツでの疲労など。また、はりなどが苦手という方に対してはマッサージ(手技治療)で対応いたします。

エクササイズの様子

エクササイズ

治療内容

当院では、はり・きゅう・マッサージによる治療に加え、痛みの原因となる身体の弱点克服のための機能的な運動指導を行います。自宅で出来る運動(ホームエクササイズ)を中心に行い、身体の使い方の癖や弱点を克服することで、疾患に対する回復の促進・予防に繋げていきます。

保険診療について

以下の疾患で、かかりつけの医師の同意を得られた場合は、鍼灸治療に健康保険が適用できます。申請の手続き、同意書の様式等、詳細はお気軽にお問い合わせください。
(※加盟されている保険の種類によっては、鍼灸保険施術が受けられない場合もございます。)

  1. 神経痛……頭・顔・胸・腕・手・足などの痛み
  2. 五十肩……肩関節が痛く、腕が上がらない
  3. 頸腕症候群……首・肩・腕の痛み、しびれ
  4. 腰痛症……腰が痛む、重い
  5. リウマチ……手・足などの関節が腫れて痛む
  6. 頸椎捻挫後遺症……ムチウチなど
  7. その他……医師の診察において、上記疾患以外ではり治療が適応されると診断された疾患