タカ治療院院長 高木庸介

院長からのご挨拶

日々の臨床現場において来院される患者さんの多くは当然のことながら痛みや身体の悩みを抱え来院されます。
医療機関などで診察・検査を受けられ、「異常は無いが痛みや不調が続く」などの声を多く聞いてきました。検査において異常は無くとも痛みは残存し、続くこともあります。そこには何かしら身体上の問題があり、原因があると思います。
治療ではその原因を出来る限り追求、把握した上で安心して治療が受けられるよう心掛けていきたいと思っています。

鍼灸・マッサージ師 高木 庸介 - Yosuke Takagi -

主な活動歴

スポーツ現場、主にサッカー(Jリーグ、大学)、陸上、テニス、クラシックバレエをはじめ、あらゆるスポーツ選手の治療に携わる。一般臨床においても整形外科、治療院において数年にわたり経験を重ねた後に、平成22年12月にタカ治療院を開院。現在も一般の方々からアスリート・スポーツ愛好家などの治療を行う。

平成13年湘南医療福祉専門学校(東洋療法科) 卒業
平成14~15年日本工学院八王子専門学校 健康スポーツ科 非常勤講師
平成16~22年おざき整形外科クリニック・(株)ゼロジュク勤務
平成17~25年箕山クリニック(スポーツ整形)勤務
平成22~現在呉竹医療専門学校 大宮校 特別講座講師
平成22年タカ治療院 開業

トレーナー活動歴

  • 法政大学体育会サッカー部トレーナー(平成10~15年)
  • 法政大学体育会テニス部 試合帯同
  • 法政大学陸上駅伝パーソナルサポート
  • 柏レイソルユース 全日本クラブユース・ユース選手権帯同
  • 東京ヴェルディ1969サテライトトレーナー(平成13年)
  • ヴァンフォーレ甲府トレーナー(平成15年)
  • 全日本大学選抜男子サッカートレーナー帯同(平成17~18年)
  • 拓殖大学サッカー部トレーナー(平成25年〜)

専門分野

  • 日常悩まされている首や肩の痛み・腰痛・膝痛・神経痛などの疾患
  • スポーツなどで痛めたもしくはお困りのケガ・障害(スポーツ鍼灸)
  • 過去に痛めた怪我の後遺症や術後の機能低下などの改善・回復治療
  • パフォーマンス向上を目的としたトレーニング

趣味・スポーツ

  • 登山やサッカー、ランニングなど